単身パックの利用を考えた時には、寝ているところがベッドであるのか布団であるのかがかなり問題になってきます。
というのも布団であれば畳んで小さくする事ができますが、ベッドはそうもいきません。

枠だけ備え付けでマットのみ、または枠も折り畳めるという事であれば、まだ単身パックでも運べる場合もないわけではありません。

ただそれでも他の荷物の量であったり大きさによっては、なかなかベッドと他の荷物の両方を一つの単身パックにおさめる事が難しいということも考えられます。

ですからベッドがある一人暮らしの方は、単身パックが利用できないという可能性、単身パックを二つ使うという可能性、またはベッドだけは単身パックではない、何かしら別の方法で送らなければいけないという可能性があるという事を知っておきましょう。

現在一人暮らしで単身パックの利用を検討していて、ベッドを持っているという方にとって少しでも参考になってくれればと思います。



なんにしても、引越しの見積もりは1社からだけではなく、できるだけたくさんの引越し業社からもらうようにしましょう。

業者によっては5万円も差がつくこともめずらしくないからです。

そのためには便利な無料サービスを利用することをおすすめします。

引越し一括見積もりサービスです。

もちろんスマホでOKです。

入力項目も少ないので1分もかかりません。

すぐにメールで10社近くの引越し業社から見積もりがもらえます。

その中から一番安い引越し業社を選べばいいというわけです。


無料サービスなので、引越し料金の相場を知るために、試しに利用してみるのもよいでしょう。